血管が浮き出ると足が気持ち悪く見える

下肢静脈瘤という病気について

近年、認知度が高くなってきた病気の一つが下肢静脈瘤です。まずは、この病気について調べてみましょう。発症しやすいとされている方は、特に病気について調べておく必要があります。

病気について知る

蜘蛛の巣のようになる

足の血管がコブのように盛り上がっている状態や、静脈が浮き出ることで蜘蛛の巣のように見えることを下肢静脈瘤と言います。基本的にこの状態になっても放置してしまう方が多いのですが、治療せずそのままにしていても治りません。その為、専門の医師による治療が必要になってきます。放置してしまうと、少しずつ悪化してしまうのです。

どのような方に多いのか

一般的に下肢静脈瘤は、出産経験のある中高年の女性に多い病気と言われています。出産経験のある方の場合は50パーセントの確率で発症すると言われているのです。また、40代以上の方では10パーセント程の確率で発症するとされています。出産経験のある方は特に下肢静脈瘤を発症し易いので、注意しておくと良いでしょう。

見た目が悪い

基本的に見た目が悪いので、コンプレックスを感じることが多いでしょう。特に、女性の場合は、足を見せることができないのでショートパンツやスカートを穿くことができなくなってしまいます。また、温泉などで他人に見られるのが嫌だと感じることがあるのです。このように見た目に大きな問題を抱えてしまう病気と言えるでしょう。

見た目以外の症状

下肢静脈瘤の症状としては、足の血流が悪くなるので、倦怠感や痛みを感じることがあります。特に、放置していると段々と痛みが出てくるでしょう。そして、血流の悪化に伴い、就寝中に足をつりやすくなってしまいます。運動している時もつりやすくなるでしょう。他にはむくみやかゆみ、ほてりなどが主な症状として有名です。

静脈とは

人間の身体の中には、動脈と静脈があります。動脈は心臓から身体中に血液を送る役割りを果たしている血管です。そして、静脈は心臓から送られてきた血液を、心臓へ送り返す役割りがあります。特に足の静脈は重力に逆らって心臓へ血液を送り返す働きがあるので、特別な構造をしているのです。

気になる疑問を解消

自然に治る病気じゃないの?

基本的に自然に治ることはないでしょう。むしろ、放置していると徐々に症状が悪化し、痛みなどが出てきます。ただ、極稀に静脈瘤に血栓ができることで血液の逆流が止まることがあるのです。そして、その血栓によって詰まっている血管が小さくなると、静脈瘤も小さくなることがあります。ただ、小さくなっているだけで、治ったとは言えません。

命に関わる?

一般的に下肢静脈瘤を放置していても、命に関わることはないと言われています。ただ、場合によっては、命に関わる場合もあるので注意が必要でしょう。基本的に別の病気を誘発することで、命を脅かしてしまうのです。下肢静脈瘤は深部静脈血栓症を引き起こす原因になる場合もあります。血栓が肺や脳の血管をつまらせるのです。

弾性ストッキングで治せる?

下肢静脈瘤はしっかりとした治療を施すことで治すことができます。つまり、弾性ストッキングでは下肢静脈瘤を治療することが難しいのです。ですが、弾性ストッキングの使用で、下肢静脈瘤の進行を遅らせることは可能でしょう。また、下肢静脈瘤を発症していない方の場合は、弾性ストッキングを使用することで病気の予防が可能です。

薬で治せる病気?

現在、内服薬で下肢静脈瘤を治すことはできません。基本的に手術による治療が有効です。ただ、下肢静脈瘤の症状を内服薬によって抑えることは可能でしょう。痛みや倦怠感などを軽くしてくれるはずです。特に内服薬を使用する症状としては、こむら返りが挙げられます。内服薬の使用で、寝ている間に足をつることもなくなるでしょう。

再発する病気?

きちんと手術し治療した場合は、同じ場所で下肢静脈瘤が再発する可能性は極めて低いと言われています。再発の心配はないでしょう。ですが、時間が経つことで、別の場所に下肢静脈瘤が発生してしまうことがあります。治療後の再発はしにくいですが、別の場所に発生することはあるのです。早めに治療すると、簡単な処置で対処できます。

広告募集中